EV普通充電器(補助金対応機種)

未来のことを考えて、実用的なコイン式普通充電器を設計・開発・製造しています。
一般社団法人次世代自動車振興センター様のH25補助金対応機種に認定されました。

現在普及し始めている急速充電器は、本体価格がまだまだ高額で充電を無料とする場合も多く設置者負担が非常に高くなってしまいます。
そこで設置費用や電気料金を抑えられる機器を開発しました。
設置者負担も少なくて済むので、EVを普及させるための設備が様々な場所に設置できる様になります。

 高機能型コイン式普通充電器(補助金対応機種)

一般社団法人次世代自動車振興センター様の補助金交付対象機種に認定されました。

自社開発製品「CHARGE ecoin」が、一般社団法人次世代自動車振興センター様の「次世代自動車充電インフラ整備促進事業」の補助金交付対象機種に認定されました。(平成25年4月18日)
これにより、充電器購入費と工事費の合計額の2分の1又は条件により3分の2(上限額52万)の補助金を受けることができます。

詳しくはコチラ↓
一般社団法人次世代自動車振興センター

さらに、山口県では、電気自動車(EV)の導入促進を図るため、充電インフラの整備に関する「山口県EV充電インフラ整備計画」を策定しており、山口県内において、公共性を有する場所に充電設備を設置する場合には、次世代自動車振興センターから充電器購入費と設備工事費の合計額の3分の2の補助金を受けることができます。
次世代自動車振興センターに補助申請をされる方は、事前に山口県計画に基づくものかどうかの確認が必要です。



 課金式RV用(100V)電源装置

CO2を出さない環境づくりに、新たな一歩を。

サンワではくるま旅をより安全・安心・快適に楽しむための車中宿泊施設として一般社団法人RV協会が認定する「RVパーク」をオープンしています。

具体的には、駐車場のエリアの一部に電源供給設備を設ける、公認のキャンピングカー専用宿泊スペースをつくる、ゴミ処理ができるなどの条件をクリアした、車中泊のための施設です。

2012年7月に開設された、山口県萩市の道の駅「ゆとりパークたまがわ」にほど近い田万川温泉「憩いの湯」と田万川キャンプ場に隣接する「RVたまがわ」を第1号に、群馬、熊本、徳島とRVパークは全国に拡大中、キャンピングカーユーザー待望のRVパークでも、RVコイン式電源装置が活躍しています。